SUMMERCONFERENCE2017 

22日(土)23日(日)横浜の地にて、サマコン(サマーコンファレンス)が開催されました!

IMG_2659

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、 政治・経済・社会など様々なジャンルのファンクションを開催する場です。

『日本を変えるのはオレたちだ!!』をテーマに

参加者が、日本の未来像と日本JCが2017年度実施してきた成果に基づきパッケージ化された政策を理解し、自ら行動を起こす主体となることで、日本を変える運動が全国に展開されることを目的として、サマーコンファレンス2017が開催されました。

江津青年会議所メンバーも、セミナーやフォーラムに参加する側として、パネリストとして、日本青年会議所メンバー員として、それぞれが沢山の思いを胸に横浜の地にて参加してきました。

IMG_2658

P1260055

IMG_2662

P1250864

セミナーのひとつ、「夏の祭典!オールスター討論会」に参加しました。江津青年会議所からは阿瀬川浩史副理事長が出向している委員会の事業です。テーマは【教育無償化を憲法に明記するべきかどうか】東京で小学生のお子さんを育てる女性から、沖縄の未婚の男性まで様々な人が集まり、数人ずつテーブルに別れて意見を交わしました。 一般参加者(JC以外)法学部の学生から「憲法に明記すると良くも悪くも強制になり、自由がなくなる。その地域に住む人の選択によって決まるのが理想」という意見が印象的でした。 「答えの無い問題」に答えるためには、一人ひとりがしっかりと選択できるようになることが大切である。と感じましたと感想を述べてくれたのは、2017年度  総務委員会委員長 木村功司 君です。みんなそれぞれに沢山の学びがありました。

サマーコンファレンスの締め括りとして、安倍総理がご登壇され、現政権が考える「日本再生」ビジョンと、日本JCが目指す「誰もが夢を描ける日本への回帰」について、「教育」「経済」「外交」の観点から当会議所の青木会頭と対談されました。

最後にはクロージングのゲストにMINMIとm-floのDJ☆Takuの熱いライブで盛り上がりました!

こんなに楽しいサマコンに、江津JCメンバーとして来年はあなたもご一緒に。

記事協力  2017年度 総務委員会 委員長 木村功司

写真協力  2017年度 会員開発委員会 委員長 島田昭宣

2017年度 情報委員会 委員長 井口真理子

☆江の川祭カウントダウン☆

☆江の川祭カウントダウン☆

横浜の地での楽しすぎた昨晩☆からの写真です!

江津JC3月例会にオブザーバーとしてお越しいただきました、津久井JC様にお心遣いをいただきまして、懇親会をご一緒させていただくとに!
懇親会で更に熱い友情を育ませていただいた夜に大興奮のメンバーでした!
どこにいても繋がれている、強い絆に本当に嬉しく思いました。

★★★
8月16日は
みなさまぜひ江の川祭へお越しください♡
江の川祭カウントダウンへの、みなさまのご参加もお待ちしております!ご家族でも、お友達同士でも、職場の仲間でも、サークル仲間でも。
江津JCと一緒に江の川祭を盛り上げていただけたら幸いです☆☆☆

2017年度  情報委員会

島根じゃがいもスマイル・バイ・ウォーター・チャリティゴルフコンペ

6月24日、浜田ゴルフリンクスを会場に、2017年度 島根じゃがいもゴルフコンペが開催されました。

例年、島根ブロック協議会の直前会長が幹事となり、県内各地を持ち回りで開催されているゴルフコンペで、今年度は江津青年会議所が主管をさせていただきました。

当日は、島根ブロック歴代会長、江津シニアクラブの皆様、島根県内各地青年会議所のメンバー67人が参加のもと、盛大に開催する事ができました。
多くの皆様にご参加いただきました事に、この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

IMG_8789

P1250041 (1)

今回現役メンバーは、各LOM毎ではなく、ランダムに組合せを行い、LOMを越えた交流が図れる内容とさせていただき、普段なかなか交流が少ない皆様と楽しい一日を過ごす事が出来たと思っております。

江津JCメンバー提供の賞品をかけて、熱い戦いが繰り広げられ、江津シニアクラブの井上先輩が見事優勝されました‼︎
おめでとうございます‼︎

そして、今回初めてLOM団体戦も実施させていただき、見事出雲青年会議所の皆様が優勝を勝ち取られました‼︎
おめでとうございます‼︎

P1250250P1250252

また今回は、チャリティコンペとさせていただき、「すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続的な管理を確保する」推進に賛同し、JCでは2016年からアジア各国に「安全な水」を届ける、 JCI JAPAN SMILE by WATER(スマイル・バイ・ウォーター)  を展開しております。
本ゴルフコンペからも協賛金を送らせていただくこととし、当日は皆様から67,000円もの協賛金が集まりましたことをご報告させていただきますとともに、皆様のご協力に心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

また皆様と楽しいひとときが過ごせる日を楽しみにしております。

協力  2017年度  ブロックスポーツ大会  委員長   坪内涼ニ

2017年度  情報委員会  委員長  井口真理子

2017年度6月例会 ★地域経済委員会【経世済民~ローカルヒーローとなれ!~】

  6月19日(月)江津青年会議所6月例会が開催されました。例会を担当してくれたのは、天野真委員長率いる地域経済委員会メンバーです。 P1240761a

 地域経済委員長 天野真君

地域経済委員会の天野です。 昨日行いました6月例会 経世済民~ローカルヒーローとなれ!~ では山陰自動車道について江津市役所職員様のご協力のもとご説明いただく機会をいただき、会員に対して山陰自動車道やIC開通予定地に直結する江津工業団地が地域経済にとって重要であるとの理解を深めることができたのではないかと思います。 委員会発表では、そもそも経済とは?をあらためて問い直す機会を作りその本質を交換とし、交換によってお互いの利益に貢献でき、その連続や関係する繋がりの増加が経済の発展につながることなどを伝えました。そして価値には情報や想いなどの目に見えないものもあり、新しい見方・価値観を持つことでそれらが見えてくること、そしてその価値を持っているのは人であり、その人自体が地域経済にとって地域資源そのものであると伝え、私たち地域経済人ひとりひとりの仕事や地域活動のパフォーマンスの向上が必要であると訴えさせていただきました。我々にはどんな価値があるのか?新しい見方の発見として、近年江津へUIターンをされた方々へのアンケート、取材を通じて私たち地元人が気付かなかった価値、新しい見方に気づいていただけたのではないかと思います。 山陰自動車道がつながることでヒト・モノ・コトの動きが活発になり更に交換する機会も増えることかと思いますが人によってもたらされる目に見えない価値も交換することによっても地域経済は発展していくこと、我々は地域経済の発展、自身の成長の為にも新しい見方、関係数の増加が必要であり我々自身がローカルヒーローとして地域を発展させていくことで山陰自動車道の早期開通へとつながっていくことを例会で訴えさせていただきました。   地域経済委員会では、現在9月事業を実施すべく事業の計画をしています。今例会を通じて得た気づきを今後、地域に転化し私たち地域人が地域経済を意識し発展への契機になれるよう委員会一同邁進してまいります。 P1240814a 「まずは担当例会が無事終了してホッとしています。 今回の例会では、委員会発表、懇親会の司会など初めてやらせてもらいました。かなり緊張しましたがやったぶんだけは自分の経験として成長できると思うのでやってよかったと思います。 委員会発表がもう少しスムーズに出来るように、次回機会があるときはしっかりと練習して発表に臨めるようにしたいです。」と述べてくれたのは2016年入会の細川貴広君です。 P1240796a

「「この度の6月例会は、昨年入会した私にとっては初めてきちんと関わることができた例会となりました。 十分とは言えない委員会への出席も含め、天野委員長のもと、いまできることはやれたと思います。 また、委員会メンバーのがんばりと発想、表現方法に接して、たいへん刺激を受けました。 この後も、最大限の努力をして参りたいと強く感じています。」と述べてくれたのは2016年入会した白石絢也君です。

入会したばかりですが、本当に素晴らしい仲間を迎える事が出来ました!   P1240804P1240787 また今回は、現在建設中あり江津市の地域経済に影響を及ぼす「山陰自動車道」にまつわる活動を江津市役所の職員様ご協力のもと会員へお伝え頂いた貴重な例会となりました!

 

地域のために何かしたい!もっと明るい豊かな江津にしたい!そんな想いを私たち江津JCメンバーと一緒に考えて活動してみませんか?私たちはいつでもお待ちしております!!

協力 2017年度  地域経済委員会  委員長  天野真

協力 2017年度  地域経済委員会 委員 細川貴広

協力 2017年度  地域経済委員会 委員  白石絢也

2017年度  情報委員会  委員 城納剛

☆異業種交流会☆ 情熱伝道者『上田博和』氏 講演会

5月20日(土)湯浅勇紀 委員長率いる会員拡大委員会が主催しました、情熱伝道者上田博和氏 講演会、異業種交流会が開催されました。 江津青年会議所のメンバーと、ご参加いただい皆様との絆を強く深める事の出来たイベントであったと確信しております。 ご参加いただきました全ての皆様に感謝申し上げます。

異業種交流会主催委員会の会員拡大委員長 湯浅勇紀君の挨拶からはじまりました。

上田博和先輩の講演の中では、青年会議所は地域のことを考えて、明るい豊かな社会にしていこうと取り組んでいる団体で、もちろんJCではなくても、とにかく地域のことを考える、そんな仲間が一人でも多い方がいいに決まっている!そんな仲間が江津にはたくさんいます!と話していただき、嬉しく思いました。

そして、「自分をしっかり持つように。自分にひとつブレない背骨があれば、人から何を言われてもブレることはない。自分さえブレなければ必ず思い描いたことは叶う!!」と力強く話していただき、とても心に響きました。

“前向きな気持ちになれる大変良い講演会でした。”
“思ったことはすぐ行動する。続ける。諦めないということが 本当に大切だと感じられる話で、本当に心に残る講演会でした。”

“熱い講演に若い人たちが地域のために活動されてるのを感じられた。”

などの嬉しいアンケート回答をたくさんいただくことができました!
そして今回講演後に、お二人の新入会員を江津JCふるさと大家族に迎え入れることができました!
まだまだ一緒に活動したいというお声もいただいていて、さらに嬉しいことが続きそうな予感です!

18674985_695008713957222_1257755076_o

 上田博和 氏

18618605_695008943957199_2106150282_o

今回設営側の会員拡大委員会 湯浅弘一君は、非常に焦って落ち着かない2ヶ月間だったそうです。「 仕事のピークも重なり、活動したいのになかなか出来ない焦り、確保した時間で上手くいかないことへの自分への苛立ち、メンバーの頑張りや、ほぼ同時入会した伊豆委員の頑張りにもに焦りを感じました。前日リハは多くのメンバーが深夜にまで及ぶ作業になりましたが、一体感が半端ないです。 今回の講演会、異業種交流会を終えてまず思った感想は、心を動かされる講演だったということです。 上手く説明出来ないですけど、人の気持ちという心臓部を言葉でギュと掴み、動かし、強く伝わる、そして人と人の気持ちが伝染、伝道する不思議な体験でした。  青年会議所メンバーである前に、いち若者として行動を決意した一日にすることができました。 決意、行動出来るなら必ず達成できると確信しました。 行動し続けて必ずや100名LOMを達成致します。 また講演にご来場いただいた方、全てに人生をより良い方向に変えるきっかけを提供できる講演会だったと確信しております。 」と、話してくれました。

ここで皆様にご紹介です。湯浅君が二人登場していますが、実は兄弟です!

18721382_1869726373276136_899153178_o

今年度会員拡大委員長を務めます、写真左側 湯浅勇紀君は2014年度入会の弟くんです。

2017年1月に入会したばかりのお兄さん 写真右側 湯浅弘一君は「外見は変わらないですが、JCに入ってから中身は別人なんじゃないかなって思うぐらい変化を遂げた弟をみて、 いい人に恵まれて良かったなと思っていました。入会を決めたのは仕事にも繋がれば良いなと思いましたし、地域社会に貢献する機会が欲しいなとも思っていました。」

入会される前はJCへの印象が悪く、適当にJCをやろうと思われていたそうですが、今は「委員長として生き生きと活動している弟を見て、補佐してなんとか力になりたい」と意欲的に話してくれました。今は本気で活動し積極的にJCに関わろうと思われているそうです。

本当に頼もしいJC兄弟です!

これからも江津青年会議所メンバー一同は、地域のことを考えてさらに明るい豊かな社会を目指してまいります!!

協力 2017年度 会員拡大委員会 委員 湯浅弘一

2017年度情報委員会 委員長 井口真理子