9月例会が開催されました。

9月例会が開催されました。

主催委員会は「育成委員会」

会員の成長にコミットする委員会です。

9月例会のタイトルは
「君のために僕もやる~相手を称え、自分を誇れ!~」
です。

9月例会では、会員一人一人が自分の成長を見える化して、自分の成長を実感してもらうと共に、
どうすれば成長することができるかということをみんなで一緒に考えるということがメインテーマでした。

まずは、湯浅委員による発表。

湯浅委員が何を求めてJCに入ったのか、JCに対する思いを発表していただきました。


続いては各委員会でのグループワーク。

ワークの内容は「ほめほめ寄り添い&エールタイム」

2022年を振り返って、これまでやってきたことをメンバーと共有して、
達成できた点を褒めあい、できたことに自信を持って伝え合うことができました。
また、できたことが見つからなかったメンバーについては、どうすればこれからできるようになるかを仲間と一緒に考える時間となりました。

この例会を通じて、相手のために自分が何ができるかを考える良いきっかけになったと思います。

第96回通常総会が開催されました。

9月26日に第96回通常総会が開催されました。

2022年の前半を振り返るとともに、後半に向け改めて弾みをつけることが目的です。

 

まず最初のオープニングムービーでは、江津JCのメンバー全員が、自分たちが感じている「JCの価値」を表明してくれました。

このムービーによって、もっとメンバーのことに興味を持つきっかけになったのではないかなと思います。

森田理事長の半年を振り返っての挨拶

次年度役員の発表もありました。

 

次年度理事長予定者の天野君のスピーチ。

2022年も残り4ヶ月間となりましたが、まだまだこれから事業も開催されます。

後半に向け改めて弾みをつける総会になったのではないかなと思います。

江の川祭が開催されました。

毎年8月16日に開催される江の川祭。

江津市の夏の風物詩ですが、2020、2021は新型コロナウイルスの影響で中止に。

2022年の今回、3年ぶりに開催されました。

ただし、現状も新型コロナウイルスの感染は抑えられておらず。規模を縮小したり、感染対策を徹底しての開催となりました。

 

江の川祭2022のタイトルは
「JIMOTO魂」

5人の地元大学生にも企画に参加してもらい、
若者を中心とした地域住民の主体的な参画によって祭の雰囲気を醸成し、花火大会が盛り上がることを目指し設営を行いました。

・パレットごうつにて、うちわデザインプロジェクトの展示

江津市内の小学生たちに、子供たちが自由な発想で、江の川祭に関連する絵をうちわの形に合わせてデザインしてもらうプロジェクトです。

・広場にてステージ企画の開催

江津市を中心に活動をされている方々にステージを持ち上げていただきました。フラダンスや、ストリートダンス、バンド演奏などが披露されました。

・江津市音頭パレードの開催

毎年恒例の江津市音頭パレード。歩行者天国になっている国道9号線にて、江津市内の事業所や団体の方々に江津市音頭を踊りながら練り歩いていただく催し物です。

しかし、今年はあいにくの土砂降り。

急遽予定を変更して、ステージ上で事業所や団体の方々をご紹介する企画に変更となりました。

・打ち上げ花火

3年ぶりの開催のメインイベント、みんなが楽しみにしていた花火。

残念ながら大雨のために中止になってしまいました。

 

花火は残念ながら中止となってしまいましたが、3年ぶりの江の川祭開催となり、伝統を次世代へ繋いでいくことができたのではないかと思います。

うちわデザインプロジェクト

江の川祭恒例のうちわデザインプロジェクトが開催されます。

子供たちが自由な発想で、江の川祭に関連する絵をうちわの形に合わせてデザインしてもらうプロジェクトです。

プロジェクトに協力してくれたのは、市内小学生たち(江津東小学校、渡津小学校、郷田小学校、高角小学校、津宮小学校、川波小学校、桜江小学校)

たくさんの素敵な絵ができあがりました。

8月2日~8月15日まで、パレットごうつ1階に展示してあります。

是非皆様足を運んでみてください。

7月例会が開催されました。

7月例会が開催されました。

主催委員会は「地域委員会」

地域に根差した組織を作ることを目的とした委員会です。

 

7月例会のタイトルは
「To Be united ~輝く個性が調和する組織」

 

江津JCを地域に根差した組織にするためには、内部での結束を高めていくことが必要です。

7月例会はそれぞれの委員会の結束力を高めることがメインテーマでした。

まずは、森本運営幹事による発表。

地域に必要とされる組織になるためには、江津JC内部で結束力を高めていくことが必要ということを改めて認識しました。

 

続いては各委員会でのグループワーク。

委員長が目指すビジョンを全員で共有し、各委員がビジョンを達成したらどんな気持ちになるか、その目標を達成するためには各人が何をすればいいかということについて話し合いました。

委員長が考えていること、各委員が考えていることを改めて確認することができ、委員会内での結束力はより一層高まったのではないでしょうか。

残り約半年の委員会運営に勢いをつける例会になったと思います。