石州瓦がイチバンです

image

昨日の山陰中央新報記事に掲載された今月末に開催されます赤瓦景観まちづくりシンポジウム…実に気になります!!

どうにか参加出来るよう調整したいと思います、総会日でもありますが…。

ふるさとの宝を磨き上げる、そんな活動をしていきます!!

ご依頼

image

あ、ありがとうございます…。

大先輩方を目の前に精一杯語らせて頂きます。

かぐらっこ育成プロジェクト 出前授業

皆さんこんにちは。
石見神楽人育成委員会 運営幹事の和田です。

いよいよ今年も終わりが近づいて来ました。
本年当委員会が行なってきた事業についての報告を
させて頂きたいと思います。

まずは5~7月に行われた小学生を対象とした出前授業!
石見神楽を活性化する上で必要不可欠な子どもたちに神楽
というものが身近な存在であるということを認識してもらって
興味を持ってもらうことを目的として出前授業を行いました。

まずはこれは第一回目江津東小学校での様子です。
漆谷委員長の非常に丁寧な熱のこもった挨拶

そして砂田委員による授業

 子どもたちはもちろん、先生方もほーっと感嘆の声をあげる授業内容。さすがプロ。

そして、これだけでは終わりません、授業だけでなく放課後クラブにもお邪魔させて頂きました。
跡市放課後子ども教室さん、波子っ子クラブさんです。 ご協力ありがとうございました!

この授業は当委員会、映像のプロ 渡利副委員長が先生です。
渡利副委員長の映像をふんだんに使った授業に子どもたちも釘付けでした。

アンケートもとらせてもらいましたが多くの子どもたちに興味が持てるようになったとの回答を頂くことが
出来ました。

この授業を通して地域の歴史や伝統芸能に誇りをもち、神楽の担い手や支援者に興味を持ってもらえれば
と思うと同時に、それによってこのふるさと江津にも誇り持ち、魅力を感じてもらえるきっかけになったらなと
切に願う当委員会による出前授業でした。

皆様ご協力ありがとうございました。

5月例会「地域資源活性化フォーラム~私たちの石見神楽~

皆様、総務情報委員会です!

本日は堀江毅君が率いる地域資源活性化委員会が担当します5月例会の報告をいたします^^ノ

今月の例会も公開例会!

いつにもまして熱がこもる伊藤理事長の挨拶!!

堀江委員長の趣旨説明から担当する地域資源活性化委員会のメンバー熱意が伝わってきます。

本日の例会は、6名のパネリストをお招きしパネルディスカッションを通して、我らが江津市が誇りとする石見神楽が持つ可能性や将来に向けた石見神楽の在り方、

地域振興を推進していくうえでの体制づくりなど、語っていただきました。

右 土崎一雄氏 中 渡利 正氏 左 松田京子氏

右 吉本 香代子氏  中 山口 豊一氏 左 恵木 勇也氏

コーディネーターは副委員長であります山形瑞樹君!

真剣なまなざしでパネリストの皆様の意見に集中する山形君。

デスカッションは2部構成で行われました。

1部:地域資源を活用した地域振興がなぜ今必要なのか。

2部:江津市石見神楽連絡協議会について。

パネリストの皆様からは石見神楽がもつ地域と人を結びつける力を教えていただけました。

そして・・・

石見神楽がしたいから残りたい!

石見神楽をまいたいんだ!

石見神楽が見たいからどうにかならないか!

いろいろな声が現場では鳴り響いている・・・

この熱のこもった声を具体的に継続的にかなえていくためにはどんな行動ができるのだろうか。

今月の例会は、改めて石見神楽のもつ力を真剣に考える機会となったのではないでしょうか。

これからも江津青年会議所は江津の活性化の一翼として石見神楽が持つ魅力を最大限に発揮できる環境づくりに率先して取り組んできます^^ノ