地域資源活性化委員会


2011年度社団法人江津青年会議所

地域資源活性化委員会

委員長 堀江 毅

事業方針

江津市には、古くから伝わり今もなお広く人々に愛され続ける伝統芸能 石見神楽、そして中国地方随一の規模を誇る一級河川 江の川が地域の資源、財産として存在しています。しかし、石見神楽においては、過疎化、少子高齢化などの進行に伴い、所属団員の減少や高齢化、担い手不足という事態に陥り伝承し続けることが困難な状況に直面しています。各社中とも、この問題を喫緊のものと認識しつつも解決に至る有効な手立てがない現状にあります。江津市においては、地域振興にて無限の可能性を秘めた石見神楽に対する関心はありつつも、観光及び教育活用にも積極的でなく十分なものとは言えません。

そして江の川においても、市民の生活環境や習慣の変化により身近にありながらも直接触れ合う機会が減少してきています。

これらの背景を踏まえ、本年度当委員会では地域資源の「発展と伝承」をテーマに、石見神楽と江の川を利用した地域振興を展開します。特に石見神楽においては全市一体的な取り組みが求められているので、事業推進体制の構築を実現します。

この地域の資源や財産を後世へと守り伝えていくことはいまを生きる我々に与えられた使命です。市民、特に次の世代を担う子供たち誰もが、「私たちのまちには石見神楽がある。江の川がある。」と自信を持って言えるような、誇りあるまちづくりを実現します。

まず市内各団体を招き公開フォーラムディスカッションを開催します。石見神楽による地域振興案を提示するとともに各団体と意見を交換し継続可能な仕組みづくりと組織づくりを実現します。江の川祭においては、市内各団体と連携し石見神楽に関する事業を開催します。

さらに、江津市の自然財産を活用した事業 かわくだりを開催します。雄大かつ流麗な江の川をユニークな大蛇ボートに乗って体感することにより、他地域からの参加者には江津市の魅力を感じていただき、市内参加者にはふるさとに誇りを抱いて頂きます。特に今回で5回目ということを踏まえ、これまで携わってきた先輩達の思いを継承しつつ、江の川の更なる魅力の発信をします。

私たちが住むこのまちの魅力は私たちが高めていく。この強い信念と実行力を持つことにより「真自立創成期~強くあれ ふるさと大家族」は実現します。明るさと豊かさを持つまちの実現に向け我々の活動はいま始まります。

関連記事

最新記事

  1. 1月27日(金)に第97回通常総会および懇親会を実施しました。 今年度、天野理…
  2. 2023年 新年ご挨拶 あけましておめでとうご…
  3. 12月10日土曜日にホテルパレス和光様にて 2022年度 卒業生を送る会及び懇親会「マタ逢ウ日マデ…

一般社団法人江津青年会議所

島根県江津市嘉久志町2306-4
TEL:0855-52-1481
(受付時間平日10:00~15:00)
FAX:0855-52-1405
Mail:info@gotsujc.org
(@を半角に)

アクセス解析ツールについて(詳細はこちら

過去の記事一覧

全メニュー

江津青年会議所 SNS

facebook

twitter

instagram

LINE

ページ上部へ戻る