【メンバー紹介】ミラノ亭 天野 真君

amano

江津青年会議所のホームページをご覧の皆様、どうもこんばんは。

江津青年会議所(以下「江津JC」)で今年度、情報委員会委員長を仰せつかっております、天野 真と申します。

このホームページを担当する委員会ということでまずは当委員会からこのメンバー紹介を始めていきたいと思います。

何卒宜しくお願い致します。

私は、写真にあります通り調理の仕事をさせて頂いております.江津市内の道の駅サンピコごうつ内にある「ミラノ亭」が私の職場です。

江津にIターン!してはや5年が経とうとしていますが、私は2011年11月に江津JCに入会させて頂きました。

今まで様々な事業、機会を経て感じたことは、とにかく全てが”初めて”の事ばかりと言う事です。はじめはパソコンが使えないところからスタートし(遠い目)、、事業についてのプレゼン、又その事業の企画から計画、準備、実施、検証、報告まで全てをJCのなかの数人で組織した委員会で遂行していきます。自分を見つめなおすことから地域の課題まで、今年は初めて委員長という大役も経験させていただきながら活動しています。

この”初めて”というところがJCのすごいところだと思っています。所属する会員がそれぞれの専門知識や得意とする分野を活かせればそれはものすごい力が出せると思いますがJCではそれをしない。どうしてか?それは組織の成長よりも個人の成長のほうが尊いという思考があるからだと教わりました。毎年組織体制が変わる単年度制を取り入れているものそういった意味があるとのことです。ですのであえて違う分野、または初めての役・取り組みを経験すると今までの考え方では通用しないことが沢山出てきます。

そこで、違う発想・見方に辿り着き、課題を乗り越えた時一回り成長できるということの繰り返しをするということです。すごく遠回りもするし、歩く速度も遅いかもしれません、しかしその分視野は広がり、考え方が変わっていくということです。もちろん前向きに。

失敗や後悔に似た悔しさを残す事もありますが、それもJCでできることで現実社会では容易に失敗できません。しかしJCでなら挑戦という形で挑むことができる。一人でやっているのではなく、ここには同じ?境遇の仲間がいます。地域、年代が違う異業種の集まった団体というのもそうそうないと思いますがそういった点も魅力ではないのかなあと感じています(例えば、畳屋、整体師、調理師、板金屋、弁護士、製造業という委員会メンバーで比叡山延暦寺にいく事業を計画をしたり、、)仕事もあり、時間もお金も使いながらの活動で正直大変だと思うこともしばしばありますが、2011年の自分と今の自分、はっきり言えることは変わったということです。何がと言われれば、”自分の夢”だったのが”地域での自分の夢”になりました。これは自分の未来と地域の未来を同じことのように考えれるようになったということです。そして、自分が変わらなければ未来も変わらないということが以前にも増して感じるようになりました。夢を語ると長くなるので気になる方は直接聞いてみてください^^

「逆境の中で咲く花は、どの花よりも貴重で美しい。」ウォルト・ディズニーの言葉ですが、最近知りました。とてもいい言葉だと思います。

まだまだ道のりは遠いですがこれからも今いる現状に向き合って悩みながらでも前に前に進んでいきたいと思います。

これかもどうぞ宜しくお願いします!

関連記事

toiawase

最新記事

  1. 先日の9月18日(火)に、佐々木一成委員長率いるPositive Change委員会による、9月例会…
  2. 9月16日(日)、島根県立少年自然の家にて家族親睦事業が開催されました。 浅利…
  3. 9月8日(土)鳥取県鳥取市(とりぎん文化会館)にて 公益社団法人日本青年会議所 中国地区協議会 …
  4. 先日、8月24日(金)にパレス和光にて、江津青年会議所 第88回通常総会が開催されました。通常総会で…
  5. 情報委員会の澄川恵里子です♪ わたしは、普段土日は仕事をしていてイベント事に参加することはなか…

一般社団法人江津青年会議所

島根県江津市嘉久志町2306-4
TEL:0855-52-1481
(受付時間平日10:00~15:00)
FAX:0855-52-1405
Mail:info@gotsujc.org
(@を半角に)

facebook
twitter

過去の記事一覧

全メニュー

ページ上部へ戻る