2017年度4月例会 ★青少年育成委員会【Play our roles~子どもたちのために~】

4月18日(火)19時より江津青年会議所4月例会が開催されました。例会を担当してくれたのは、吉田祐基委員長率いる青少年育成委員会のメンバーです。

私たち青少年育成委員会は、青少年に対して日本人としての誇りと帰属意識を高め、郷土愛を育むことを通して、江津に誇りを持つ青少年を育成していく活動を1年間行って参ります。 そのキックオフとなる4月例会では、「Play our roles ~子どもたちのために~」と題し、子どもたちが江津の誇りを持つために重要な役割を担う学校、親・地域、そしてJCが現在何を行い、これから何を行うべきか江津JCメンバーに向けて発表させていただきました。

青少年育成委員長 吉田祐基君

4

 はじめに日本人の「誇り」とは何かというところで、兒島委員が日本人にどういった傾向があるかなど、昔から備わってきている日本人の「誇り」を発表してくれました。

兒島

そんな兒島委員は初の例会発表に出てみて、

「初めて吉田委員長から課題をいただいたときには、どこから手を付けて良いのかわからず、本当に手探りで始めました。委員会では、作ってきた資料を何度も手直ししていただいたり、オブザーバーで参加された他の委員会の皆さんにもたくさんのアドバイスをいただきました。そうしてみんなで発表資料を作り上げた達成感、そしてその中で生まれた連帯感は、本当に自分の中での大きな財産となりました。「JCは人を成長させる」と皆さんが口々に言われている理由が今回の例会を通じて実感できました。」と話してくれました。

 

そして漆谷運営幹事が”ふるさと教育”のところ、篠原委員がUターンしてなぜ地元に帰ったかという、自分自身の実例を話してくれました。(1枚目:漆谷運営幹事 2枚目:篠原委員)

運営幹事の漆谷理恵さんは2016年度入会し、昨年の初めての例会は受付を担当されていましたが、今回の発表終えて、

「昨年、地域改革委員会に6月に配属されました。配属してすぐに担当例会で準備等は全く参加せずに当日を迎えました。担当例会の委員会メンバーというより、どちらかというと別の委員会メンバーのように客観的に例会を見ていたという印象でした。今回の例会は、昨年から準備や調査を行いました。1つの例会を作り上げるすべての行程に関わることができました。あの2時間15分のために何カ月も前から多くの方に協力をして頂き、多くの時間を費やしました。夜遅くまでメンバーと作業をし、時には自分勝手に腹を立てることもありました。しかし、分からないことは分からないと委員長に聞き、納得しながら進めることができました。そして、運営幹事としてメンバーが、どうしたら参加しやすくなるのだろうか、委員長の想いを伝えることができるのだろうかということを自問自答しながら行いました。私のこういった思いを遥かに超える委員長の熱く強い想いがメンバーに伝わり、昨日の例会に繋がったと思います。委員長の熱く強い想いを近くで感じることができ、ともに行動できたことは私の成長になったと確信しております。もし、自分が委員長になることがあれば、吉田委員長のような委員長になりたいと強く思っております!」と今回の例会に出て、感じたところを話してれました。

同じく昨年入会の篠原充委員。

今回の例会に出て、

「私にとって、今回が初めての担当例会でしたが、 予想以上のものを吸収させていただける機会であったと感じています。 発表を担当させていただいたことも大きいのですが、 その発表も事前準備の段階でもそうなのですが、直前のリハーサルのときに至るまで新たな発見、気付きが得られる貴重なものでした。 それも委員会メンバーの皆様の助言あってのことでしたので、メンバーの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうございます!」と語ってくれました。

 

最後に湊委員が、今私たちが出来ることを熱く発表してくれました。

 

最後に吉田委員長に4月例会を通して、そしてこれからの事業に向けて、お伺いしました。

「予定者段階から半年、なぜ今江津への誇りが必要なのか、多くの方の話を伺い、委員会でも議論を重ねて参りました。私たち青少年育成委員会は、子どもたちが江津への誇りを持つことは地域のためでもあり、何より子どもたち自身のためであると確信しております。 その誇りを創出させるために、私たちJCメンバー一人ひとりが子どもたちにできることを理解し、率先して役割を果たせるようメンバーの価値観と行動を変革する、そんな例会にしたいと思って臨みました。2017年度青少年育成委員会の活動に乞うご期待ください!」

と語ってくれました!

 

青少年に対して日本人としての誇りと帰属意識を高め、郷土愛を育むことを通して、江津に誇りを持つ青少年を育成していく活動をしていくことが大切な事だと感じました。そして私自身も子供たちに語り継がねばと思いました。

青少年育成委員会の皆さま、素晴らしい例会をありがとうございました!本当にお疲れさまでした。

 

地域のために何かしたい!もっと明るい豊かな江津にしたい!そんな想いを私たち江津JCメンバーと一緒に考えて活動してみませんか?私たちはいつでもお待ちしております!!

 

協力 2017年度  青少年育成委員会  委員長  吉田祐基

青少年育成委員会   運営幹事 漆谷理恵  委員 篠原充   委員  兒島正俊

2017年度  情報委員会  委員 杉井光彦 委員 藤間小百合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

toiawase

最新記事

  1. 坂根理事長の初公務として 1月2日、江津市総合市民センター(ミルキーウェイホール)にて開催され…
  2. あけましておめでとうございます。 一般社団法人江津青年会議所2018年度理事長を務めます坂根昌幸と…
  3. 2017年度 江津青年会議所公式サイトをご覧いただきました皆様 2017年度 情報委員会は、「…
  4. 江津青年会議所の2017年度 副理事長『 砂田 秀人 』君の特集です。 江津青年会議所のメンバ…
  5. 2017年度  『江津青年会議所の軌跡』動画はこちらをクリックしてご覧ください ↓↓ http…

一般社団法人江津青年会議所

島根県江津市嘉久志町2306-4
TEL:0855-52-1481
(受付時間平日10:00~15:00)
FAX:0855-52-1405
Mail:info@gotsujc.org
(@を半角に)

facebook
twitter

過去の記事一覧

全メニュー

ページ上部へ戻る