イルティッシュ号乗組員救援110周年記念行事

image

110年の時を超えてよみがえる、江津に残る人類愛の物語。

image

本日は、江津市の地場産業センターにて「イルティッシュ号乗組員救援110周年記念行事」に参加しております。

image

高角小学校5年生による「群読発表」

ウラジオストク国立経済サービス大学付属ドゥビニン記念学校の生徒による「ロシア文化発表」

対馬市による「対馬市西泊地区取組発表」

岡山大学津山高専名誉教授の和田力氏による記念講演「不思議な出会い~和木の人々とロシアの人々~」

image

午後からは、和木公民館にて「ロシア祭り」和木保育園発表、紙芝居、ロシア料理試食会、ロシア文化発表と盛り沢山です。

※イルティッシュ号とは?
明治38年(1905年)5月27日からの対馬沖の戦いで流弾のために浸水い甚だしく、航行不能となり、5月28日午前10時ごろ、真島沖に姿を見せた。日曜日の浜で遊んでいた子供の目に止まり、小さな漁村は大騒ぎになる。兵隊は少年から老人まで幅広く、寒さと恐怖のあめにおののく姿に、小船を出す者、肩を貸す者、腰巻姿で木タライを引く老婆、とそれぞれが見知らぬ土地で遭難した時と重なっていた。夕方、235名の全員を救助した。浜で寄り木を集め炊き出しの雑炊をしたが、震えるばかりだ口にする者はいなかった。少年兵を人肌で暖める母親、焚き火の近くに連れて行く者と、そこには対戦国というこだわりは微塵も感じられず、人と人との熱いものとなっていた。俘虜は、学校、民家を分散して傷の手当てを受け、翌日浜田へ全員移送され、取調べの後、船で佐世保へ移送された。

関連記事

toiawase

最新記事

  1. 江の川祭いよいよ当日です! 小雨の降る中ですが、今のところ予定通り進んでおります! たくさんのイ…
  2. 思い返せば52日前。 6月25日から始めてきた江の川祭カウントダウンですが それも本日が…
  3. 本日8月14日(火)は 『江の川祭まで あと2日』の日です!! 今回は江津青年会議所で行う祭…
  4. 8月13日、江の川祭も、いよいよあと3日にせまりました。 今回は、『江津駅』さんのご紹介です。…
  5. 本日8月12日(日)は 『江の川祭まで あと4日』の日です!! 今回は祭で行われる吉村作治氏…

一般社団法人江津青年会議所

島根県江津市嘉久志町2306-4
TEL:0855-52-1481
(受付時間平日10:00~15:00)
FAX:0855-52-1405
Mail:info@gotsujc.org
(@を半角に)

facebook
twitter

過去の記事一覧

全メニュー

ページ上部へ戻る